時の館


「その扉、開けてはだめだよ」
僕の言葉聞かぬふりの君
いつから二人昔のような
素直さ失ったのか
その答えを知りたくて
僕は君と時の館へと迷い込む

先をゆく君見失わぬよう
追いかけるけれど
時の回廊で見え隠れする君は
君のようでいて君ではない

何故触れようとすれば逃げてゆき
離れればそんな眼で見つめるのか
心惑わすしぐさ
  僕の胸は締め付けられるばかり

「いつまでも子供と思うの」
君の言葉心貫くよ
いつから君は昔のような
笑顔を失ったのか
その理由を知りたくて
僕は君の中の迷路へと迷い込む

先をゆく僕見失うことを
恐れてた君は
泣いて追いかけて探してたあの頃の
君のままで何故いてくれない

何故触れようとすれば逃げてゆき
離れればそんな眼で見つめるのか
心惑わすしぐさ
僕の胸は締め付けられるばかり

先をゆく君見失わぬよう
追いかけるけれど
時の回廊で見え隠れする君は
君のようでいて君ではない
何故触れようとすれば逃げてゆき
離れればそんな眼で見つめるのか
心惑わすしぐさ
僕の胸は締め付けられるばかり


次の歌詞    目次    前の歌詞