罪の香り

濡れた肌はひそやかな雨の匂い
溺れるとわかってても抱いてしまう
俺を拒まない優しさはおまえの罪だね

唇を塞いだまま
その呼吸(いき)さえ止めたい
いつかおまえが消えてしまうなら
いっそのこと今この腕の中で

触れていても切なさは何故消えない
こぼれてく水のように儚い声で俺の名前呼ぶ
連れ去ろうおまえを遠くへ

許されないとわかっていても

唇を塞いだまま
その呼吸(いき)さえ止めたい
いつかおまえが消えてしまうなら
いっそのこと今この腕の中に…

 

次の歌詞    目次    前の歌詞